訃報は突然に。。。

お久しぶりでした。。。 

23日から 実家へ帰る予定で その準備をしていましたら
連休に 突然 末の妹の旦那さんの従弟が 亡くなり バスで帰るのを 
急遽 特急に切り替えて 実家へと急ぎました

どうせ帰るのなら 一緒に帰ろうと思いまして。。。

いつも実家へ帰る足は 車かバス!
特急に乗って帰るのは もう何十年振りかのことでした

急いで帰るには JRでしかなく この頃トラブルがあるしと
思いながらも ホームで待ち。。。

数分遅れで 着いたのですが ドアの前に立ってても

そのドアが開かない!
同じ場所で 待つ人 7人。。。
私 思わず 「特急のドアって 手動でしたっけ?」と
すると 妹 「えーっ! そんなことないしょ!」と

一人の乗客の方が 駅員さんを 大声で呼ぶと 走って来て
ドアを 開けようとするにも ビクともせず。。。

結局 2両目に乗るはずが 先頭車両まで歩いて 乗ることに!

「やっぱり JRだわ!!」
歩き出した7人の中の お一人がトラブルは これで2度目だと!

o(=`・ε・´=)oブーッブーッ!!

まさか 自分たちが乗る特急でとは 驚きました!

バスで 実家へ帰ると ○○市が 終着となり いつも真ん中の妹が
車で出迎えてくれて その足で 実家へと向かうのですが
特急は 実家のある町に 止まります

ドアが開かないことは 車内で放送されていましたが
逆に ドアが閉まらないと。。。
運休ということになっていたでしょうかね

驚いたのは ドアの事だけでは無く。。。
実家のある町に到着すると 何と 母が 改札口の前にいるのです!

(゜ロ゜;)....う・・うそ

当日のお天気は 雨が降ったり止んだりで 車では大変なので
迎えに来なくてもいいよと言っていたのに
駅前から タクシーで 行くと言っていたのに

何度も 念を押したのに なのに 満面な笑顔で待っていましたのには
驚き どのくらい待ってたのかと 聞いても 笑ったままで答えないのです

モジ(((*´ε` *)(* ´ 3`*)))モジ

駅の売店で働いている方が お友達なので おしゃべりをしながら
待っていたのでしょう

末の妹の旦那さんの従弟さんは 突然 倒れたまま 旅立ったと言います
急性の脳出血とか。。。51歳でした

残された 高校1年生の息子さんと奥さん
従弟さんのご両親 お母様が 少しでも傍に置きたいとのことで
お寺さんと相談の上 亡くなってから友引もあり 4日置いての通夜と葬儀に

突然のことではありますが 親よりも 先に旅立つ。。。
なんとも切なくて 母の愛情の深さを 考えさせられました

間 4日置いての通夜と葬儀の間に 亡き父の命日を迎え

f0328313_13284249.jpg





















仏壇の前で お寺さんを待つ 母の愛猫 タマちゃん
我が家の方では お坊さんのことを お寺さんと呼びます

後から 車で駆けつけた 妹の旦那さん
実家のある町から 40分離れた ○○市に 旦那さんの実家があり
連日 妹夫婦は 行ったり来たりで忙しくて。。。

1日遅れで 真ん中の妹も 実家へ来たのですが
昨年とは まったく状況が違い 何処へ行くと言うことも無く
実家で過ごし 私は 末の妹夫婦よりも 一足先に帰ってきました

長く家を空けていましたし 日中 この暑い中 家で過ごしている
ロンちゃんのことが 心配でしたから。。。

実家にいるときには そこが 現実で
こちらに 帰って来たならば ここが現実で

長く 母と過ごした時間ではありましたが 話すことと言えば
あまりにも早くに 旅立ってしまった 従弟さんの話しで。。。

母も私も真ん中の妹も 従弟さんと お会いしたことはありませんが
自分の身内でも こんなに若くして 亡くなった人はいなくて
帰って来てからというもの 体に力が入らなくて ボーっとするばかり

末の妹から 話しを聞きましたが。。。
ご両親と 奥さんに息子さんの様子 それは想像以上のものでした

お祝い事であるならば 前もってわかることですが
こればかりは どうにもならないことですよね。。。

思えば 亡き父も 突然のことでしたから 私たち姉妹は
誰一人 間に合いませんでした。。。

あの日から 今年で 25年
今年の命日は 3人で母を囲んで 父の事を語り合えませんでしたが

きっと来年は 今年 出来なかった 想い出話しを 
母を囲んで語り合おう! そう思って帰ってきました

母 83歳! 元気です 049.gif




最後まで読んで下さりありがとうございました 040.gif040.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
Commented by 銭無とっつあん at 2014-07-29 18:11 x
お疲れ様でした。

私も、今年は、妹と姪を肺がんでなくしました。
悲しいことだけど、悲しんでばかりいては、かえって故人がうかばれないです。
前向きに、故人の分まで生きてあげてこそ、故人も喜んでくれるはずです。
北海道も暑~い暑い夏。元気に乗り切ってください。
Commented by エグランティーヌ at 2014-07-29 19:53 x
大変なことでしたね。
目まぐるしい帰郷ということになってしまいましたね。
51歳とはあまりに若い・・・・
人間、いつどうなるか一寸先は闇って言いますね。

家も、お坊さんのことを、お寺様って言います。
でも、宗派によって違うみたいね。
Commented by きっしぃ at 2014-07-29 20:23 x
51歳はお若いですね~
実は日曜にオットの会社の方が突然死されました
やはり40代後半で若過ぎるお別れでした
朝、お布団の中で亡くなっていたそうなんですよ
お子さんの夏休みに合わせてお休みを取り
月曜から旅行する予定だったとか・・・
急すぎて言葉も出ない現実でした( p_q)
Commented by みるく at 2014-07-29 23:32 x
こんばんは・・・
それは、大変でしたね。
お若いのに・・・
Commented by チビ太 at 2014-07-30 09:12 x
普通に暮らしている中に起こる突然の出来事 そのご家族はもとより その周りの人たちにとっても とてもショックなことですね。
明日何が起こるか解らないとしたら やはり一日いちにちを大切に生きていくしかありませんね。

お疲れさまでした。
Commented by hazuki at 2014-07-30 11:45 x
銭無のとっつあんさんへ

お二人も亡くされていましたか。。。
こればかりは、順番はありませんものね
個人の分まで生きる。。。そうですね

こちらも、夏本番となりました
今日も気温が上がっています
短い夏ではありますが、元気に
乗り切るしかないですね (;´∀`)
Commented by hazuki at 2014-07-30 11:49 x
エグランティーヌさんへ

妹と一緒に帰りましたが、忙しかったですね
若いだけに残された家族の話しを聞くと切ないものです
本当に、明日はどうなるかわかりませんよね。。。

それでも父の命日のお参りは出来ましたし
来年、また楽しみにと帰って来たところです ♪
Commented by hazuki at 2014-07-30 11:54 x
きっしぃさんへ

若いですよね。。。
突然だったということに驚き、中4日置くと
言うことにも驚きでした
親御さんの気持ちもわかりますよね。。。

お布団の中で、しかも40代でしたか
本当に順番は無いですものね。。。
若いだけに、どうしょうも無くても切ないものですね
Commented by hazuki at 2014-07-30 11:59 x
みるくさんへ

妹の嫁ぎ先のことですが、病気一つしたことが
無い人だったらしく驚くばかりでした

暑い日が続いていますが、ラッキーちゃんは
元気ですかぁ~
長く離れていましたので、ロンちゃんは
食欲が無く少し夏バテ気味です (*´з`)
Commented by hazuki at 2014-07-30 12:03 x
チビ太さんへ

そうですね。。。
本当に、普通に暮らしていても
明日、何が起きるかわからないですよね。。。
チビ太さんの言う通り!
1日1日を大切に生きていくと言うことですよね
Commented by haru2010yakei at 2014-07-30 19:39
お疲れ様でした。
色々大変でしたね。
51歳の若さでお亡くなりになるなんて本当にお気の毒でした。
でも皆さんがおっしゃる通り、突然何が起こるかわかりません。
悔いのないよう、毎日一生懸命生きたいですね。

それにしてもJR北海道はいまだにヒドイですね。
こんなことばかりでは、一段と客離れが加速してしまいますよね。
Commented by hazuki at 2014-07-31 11:31 x
haruさんへ

こればかりは、順番は無いですものね。。。
自分よりも若い方となると、ジーンと胸に来るものがあります
テレビや新聞を見ていても、いろいろなことがあり過ぎて
本当に何が起きるかわかりませんよね
そうですね。。。
悔いのない毎日をと改めて思いました

JR! どうしてこんなにも続くのでしょう。。。
ドアが閉まらなかったなら、運休でしたね
もう、よほどのことが無い限りJRは使かわないです
by hazuki72336 | 2014-07-29 15:22 | 日記 | Comments(12)

穏やかな日々の中で趣味を楽しんでいます


by hazuki72336