それぞれの親たちの人生。。。

今朝6時の気温  0度  日中の予想最高気温  18度
お天気は 晴れ

**********************************

お久しぶりです!
いつもご訪問頂き ありがとうざいます

やっと。。。実家から 帰ってきました。。。


実は 連休前 母から電話で 062.gif

「物置の戸が 外れしまって。。。煙突が強風で。。。」と 

母からの「SOS !!」でした 005.gif

ちょうど 主人が 会社の観楓会で 温泉へ1泊の予定でした

毎年 秋には 「観楓会」があるんです
人数が多いので 第一弾と二弾に分かれてなんですけど 
ゴルフをしたり 釣りを楽しんだり ボーリングをしたりと
お楽しみが イッパイなんですよぉ~

それを欠席して 実家へと 車を走らせました

物置は 私たちの家にある ホームセンターで購入したものでは無くて
農家の物置ですから 大きくて基礎から建てたもので
入口のドアは 重たい引き戸なんです。。。

その引き戸が 強風により レールを外れて中に食い込んでました
また 家の裏についてる 煙突!
これは お風呂用の煙突なんですけど 取り付けたところが
グラついていて それも直すことに。。。

家を囲むように立っている 大きな木々は 沢山枝が折れて散乱!!
それはそれは 凄いものでした。。。

一人で 家から出られないでいた 数日間は どんなに
心細かったかと 今更ながらに 胸が熱くなりました

それでも ご近所さんたちが 母の様子を 気遣ってくれて
代わる代わる 誰かが母を訪ねてくれたようで 本当に 
田舎の絆の強さに 感謝でした

母に お願いされた 大体のことは 主人と私とで 出来て
ついでに 庭の木々の雪囲いも 済ませることも出来ました

ロンちゃんを ペットホテルに 預けたままでしたので
仕事もある主人を 先に帰し 私はそのまま残り 
母が 食事の支度に困らないように いろいろと料理をして冷凍に!

真ん中の妹が 来てはくれるのですが 少しでも楽になれればと思い
断捨離もしたりして 数日過ごしてきました

ただ その間に。。。

主人の両親 この秋で91歳を迎えるのですが

「有料老人ホーム」へ 入りました。。。

「老人ホーム」への話しは 多分 以前から話されていたのだと
思いますが 私には ビックリのことでした

私の住んでいる 近くに 主人の兄がいます
また 少し遠いのですが 姉もいます

主人の両親は 農家をやめて こちらへ来て 兄家族と暮らしていましたが
兄嫁さんが 両足を悪くして手術。。。
両親の老後の介護が 難しくなり 14年余りいたこちらから
実の娘(次女)になりますが その家族と暮らすこととなり
ここを 去って行ったのです 

あちらの方が 両親の兄弟・姉妹がいますし 良かったかなとは
思っていたのですが 年々年老いて行く両親

お母さんは 昔 脳梗塞で倒れていますので 年々足が不自由に。。。
少し 認知症も出てきていました

それでも お父さんが お母さんを支えながら 
二人元気で 週4回のディサービスへ行くのを 楽しんでいました

娘であっても 年老いて行く両親を看ている お姉さんの大変さは
どんなものであったかと思います。。。

そのお姉さんであっても 年を重ねて行きます

そんな時 お父さんが 腰痛を悪化!!
お母さんの介護だけでも 大変な毎日。。。
そこで お父さんは 思ったのだと思います

「有料老人ホーム」へと

あちらでは 新しいホームが あちこちに建ち
すぐにでも 入れる状態

この連休に そこへ入居する お引っ越しの手伝いを
することになり あれやこれやと 大忙しでした

引っ越すと言っても 施設へ持って行くものは 制限があり
ベットに布団に 小さな箪笥にテレビ ソファーにテーブル 
冷蔵庫は新しく買って あと着替え等々

施設に入っても 至れり尽くせりで 何も不自由は無いでしょう。。。

ただ お父さんが 一息ついたときに

「ここが 終の棲家となってしまった。。。」その言葉が
ずーっと 頭の隅に残ってて 何とも言えない気持ちです

母に 主人の両親の様子や 施設での写真をデジカメで撮り
見せてあげると ただただ無言のまま 涙していました

お父さんは 言いました

「こんなに長生きさせてもらうと 思わなかった」と

「私ら二人を 看ることの大変さを考えたなら
 これが お互いの為に 一番いいことなんじゃ」と

環境が変わり 慣れない生活の為 微熱が続いていた お父さん
歯茎までも痛くなり お粥を食べていました
お母さんは。。。それなりに 元気

「私が 誰か わかる?」 そう聞くと 
「わかるよ! ○○ちゃん」そう言ってくれました 049.gif

忘れ行く記憶の中で お母さんは 
主人に いつ定年になるのかと 何度も聞くのです。。。
すると お父さんと主人が 何度もその問いに答えるのです

面倒くさがらずに 何度聞かれても。。。


私の母も 物忘れが 酷くなりました
私でさえも 物忘れがありますからね。。。仕方ないです

母は 言います

「私 90歳まで ここで頑張るわ!」066.gif

定年まで あと。。。5年切った妹

「私が 定年になるまで しっかりしててよ!
 ボケてる暇なんて 無いんだからね」と カッが入ります 037.gif

身体が動かなくなったなら 入る施設も 考えているようです


毎日が忙しくって それでも あっという間に過ぎました
これほど 1日中忙しく 動いていたことは 無かったように思います

主人の両親と 私の親たちは とても仲が良くて
お互いに 農家ということもあり 話しも合ったようです
よく お互いの家を行き来していましたし こちらへ遊びに来るときには
1台の車で 運転を変わりながら 来てくれていました

少し認知症が始まった お母さんではありますが 私の母が
一人で暮らしていることを 心配してくれて どうしているのかと
よく聞いてくれるのは 本当に嬉しいことです

お父さんが 「あぁ~早く 死にたいもんだ」と こぼしますが
お母さんも 同じですけど

私 母からは そんなこと一度も 聞いたことがありません。。。

長生きの時代 100歳なんて年を 聞いても珍しくも無くなりました
主人の両親も 私の母も それぞれに それぞれの人生だなと。。。

今月の末には 末の妹が 旦那さんの出張について
母の所へ 行って来るとのこと

母は 「みんなが 帰った後が 寂しくてね」と言います

私たち3姉妹それぞれが 出来るだけ 行かない月が無いように
来年は 亡き父の27回忌。。。

母の次の目標は 目指せ 父の33回忌を!!
その間に ひ孫の小学校入学があります 043.gif

親たちの老いていく姿は 自分たちの将来の姿でもあるのかなぁ。。。



台風のあとの公園 大きな白樺の木が 折れました!

f0328313_11152235.jpg














私が両手を回しても 届かない太さの木が。。。

f0328313_11153810.jpg














朝の散歩 吐く息が うっすらと白く尾を引くようになりました

f0328313_11153023.jpg














もう少しすると この木々が 真っ赤になるんですよぉー 060.gif





長くなりました。。。
最後まで読んで下さりありがとうございました 040.gif040.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
Commented by chisato-antares at 2015-10-16 16:23
それは大変でしたね・・・
私は有料老人ホームに勤務していますがここを選んでくださった方たちのサポートができたらと思ってお世話させていただいています。どこのスタッフも同じように愛情を持ちながらやっていると思うので安心してくださいね。
最初は不安を持っている方が多いのですがそれも慣れてきますよ。ただ認知症が一気に進むこともありますね・・・環境の変化は本当に辛いことだと思います。
うちのホームには明治生まれの100歳を超えられている方も数名いらっしゃいます。最近は70歳代の入居もあり平均年齢は88歳くらいでしょうかね。
みなさんそれぞれ楽しく過ごされているのできっと慣れてくださりますよ。
大型台風の影響は凄かったようですね。お母様も怖かったことでしょう。私も親のことでいろいろ悩みますがなるようになれ!と前向きです。葉月さんも楽しく過ごしてくださいね。
Commented at 2015-10-16 19:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by アマリリス at 2015-10-16 19:39 x
こんばんは
しばらく実家に行かれていたんですね。
優しいご主人ですね 男手が無いとあれこれ片付けるのも大変ですものね。
雪囲いも大変だったでしょう ご苦労様でした。
昔は家族が介護の時代でしたが お義父さんの決断は良かったと思います。
慣れるまで大変でしょうけどね。
私の友人もお母さんの面倒を見て暮らしていますが93歳 少し物忘れをするようですが料理は時々作っているようです。友人は独身で過ごしたので一人で面倒は大変だと言ってますね。
お母さん自身ホームを考えているようですが、友人は頑張れるだけ面倒を見ると言ってますけどね。
私達夫婦は両親どちらもいませんから今は自分達の心配だけです。

Commented by みるく at 2015-10-18 04:14 x
こんばんは。
ほんとに、優しいご主人ですね(^^)

終の棲家・・・
う~~ん、考えさせられますよね。
Commented by hazuki72336 at 2015-10-18 11:53
chisatoさんへ

お父さんの決断は、お互いの為に良かったのだと思います
主人は、次男なので兄さん・姉さんたち両親とで決まったことは
最後に報告されるだけなので今回の事については
何も知らさせていなかっただけに少しショックだったのかな
と思いました。。。

私の母、そして主人の両親を見ていると
自分たちの老後のことを考えさせられましたね
なるようになるしかないですよね。。。

大型台風! 本当に凄かったです
実家に帰って、主人と一緒に手伝ってきました
一人で暮らすと言うことは本当に大変なことばかりです
でも、前向きにならないとですよね (*^^)v

Commented by hazuki72336 at 2015-10-18 11:58
鍵コメさんへ

この大型台風には、ビックリでした!
家の周りの木々の枝が沢山折れて散乱。。。
重い物置の戸までが、風の力で中に食い込んでいました
初めてのことでしたね

親も年を重ねますが、私たちも同じく年を
重ねてますものねぇ~
元気でいることが何よりなんですけど
心配な事も年々増えて行きますね (;´∀`)
Commented by hazuki72336 at 2015-10-18 12:05
アマリリスさんへ

男の人の手が無いと、本当に大変ですよね
母は、婿さんたちが便りなんです
今回の台風の風の強さは半端では無かったようです
家の周りや物置の戸が、あんなことになっているとは。。。
もう、どれから手をつけていいのやらでした (-_-;)

お父さんの決断は、お互いの為に良かったのだと
思いますが、主人はショックだったようです
今まで、一言もこの話は無かったので。。。
まぁ~次男なので仕方ないですよね

親たちを見ていると、つくづく自分たちの老後を
考えさせられましたし、心配は尽きないですね。。。
Commented by hazuki72336 at 2015-10-18 12:12
みるくさんへ

主人には、いつも感謝です
私の母を自分の母のように思ってくれています
妹の旦那さんたちも、母を大切にしてくれるので
本当に嬉しいことですね
母は、幸せな人だと思います (*^^)v

主人の両親は、やっと終の棲家をみつけて
落ち着きました。。。
お兄さんとも暮らし、お姉さんとも暮らした
月日はあったのですが、お父さんが決断したのは
施設へでしたが、二人で入れましたので良かったかなと
思ってはいます
でも。。。いろいろと考えさせれることがありましたね
by hazuki72336 | 2015-10-16 13:28 | 日記 | Comments(8)

穏やかな日々の中で趣味を楽しんでいます


by hazuki72336