伯父の終活と初めて知った母の願い

今朝6時の気温  20度  日中の予想最高気温  21度
お天気は 雨

***********************************

暫く 更新が遠のいている中も ご訪問頂きありがとうございます

どうもです( ・・)( -.-)( _ _)

24日は 亡き父の27回忌だったのですが。。。

f0328313_12233076.jpg


















母のお姉さんの旦那さん 伯父が亡くなりまして 25日に帰ってきたのですが
その日1日は ボーっとしてました。。。

今日は 朝から 雨です
1週間ほど留守をしていている間に ご近所さんの紫陽花が
咲き始めていて ビックリ!

これから 紫陽花のキレイな季節となります



昨年 同い年のいとこが 子宮がんで旅立ち。。。
この春には 母の一番下の弟 叔父が ガンで旅立ち。。。
そして今回 母のお姉さんの旦那さん(87歳)も 癌で旅立ちました

3度も続くと。。。落ち込みます。。。
次は。。。母かと思ったりして。。。

母の2人の弟が 先に旅立ち 
つくづく 順番は無いものなんだなと 思いました

春に旅立った叔父は 何度も 手術を繰り返しながらも
家族が困らないように 会社のことは息子に託し
すべての「終活」を終えて 旅立ちました

今回 旅だった伯父は 代々続く大きな農家
母の所から 1時間半ほど離れた 田舎町で 長きに渡り
町議・議長 そして町長の良き相談役をも 務めていたのですが
病気が分かったと同時に宣告も受け すべての役を下りて その後のことを
お願いして回ったと言います

伯母は すでに足腰が悪くて 車いすでの生活になり
伯父が介護をしていたわけですが 自分がいなくなった後
伯母が 介護施設に入れるように 手続きに走り
やっと入居が決まり それを見届けてから 病院に入り
1週間後 静かに 旅立ちました

二人のおじはたち。。。
思い残すことは無いと思うほど 見事に「終活」を終えて
旅立って行きました

今回亡くなった伯父は
父の27回忌を「早いもんだなぁ~ 」 そう言ってたのに。。。

父の兄弟は 姉夫婦は すでに他界
次に 父が亡くなり 今現在 妹夫婦に2人の弟夫婦は 健在

母は 姉がいて 妹 そして 2人の弟
その2人の弟と 今回お姉さんの旦那さんが 他界
妹夫婦と 弟のお嫁さん2人は 健在

伯父の葬儀が終わって 自宅に帰って間もなく
母が 私たちの前で 初めて 自分の思いを語り始めました

真ん中の妹が 母のすべてを見てくれていて
いつも妹に お任せで 大体の事は 話しているようですが
3姉妹揃った時でないと 伝わらないこともあり
1~10までの 細かきことでは無いのですが 思いは分かりました
これから少しずつ 母も「終活」を 考えるようです



いつかは 母も 私もと思いますが こちらへ帰って来てから

末の妹が ポツンと
「私 母さんが 亡くなったら悲しいけど。。。
 hazukiちゃんが 亡くなったら もっと悲しい
 だって最後に 私一人だよね。。。」と

その言葉に 私が亡くなったらに 驚きましたが 
10歳も年の差があり いつかは 別れが来るわけですが

私の口から 出た言葉は

「大丈夫よ! いつも肩に つかまってるからぁ~」でした。。。

なんで こんな言葉が出たのかは 
多分 記憶を辿れば。。。

父が亡くなっても 間もなく 母の枕元に来たようで
*気持ちの悪い話しで 済みません

「いつも お前の肩に つかまっているからな
 手を 払うなよ」そう言ったのだと 母は喜んでいました

その「肩に つかまっているから」の言葉が
ズーッと頭の中に残っていて それがそう言わせたのかも知れません

私たち3姉妹の夢の中に 父は一度も 現れたことはありませんけど
突然 母を置いて旅立ってしまった訳ですが。。。

私たちがいるから 父は 安心して逝けたのかもしれないと
今は 思っています

あと 何年母と時間を共にすることが 出来るでしょう。。。
「終活」に「エンディングノート」
いろいろと考えさせられることばかりです




長くなりました
最後まで読んで下さりありがとうございました 040.gif040.gif
ポチ ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
Commented by chisato-antares at 2016-07-27 17:08
この度はご愁傷様でした。更新をされていなかったので何かあったのかなと思っていました。
とてもご立派な伯父様でいらっしゃいましたね。最後までがんばりました。

私の両親も先々のことは私たちに話したり文書で残しています。一番そばに住んでいる私は特に言われてることがあります。もしものときはその通りにやろうと思っています。
Commented by haru2010yakei at 2016-07-27 18:28
伯父様がお亡くなりになられたなんて…ご愁傷さまでした。
最後まできちんと周りの事をかたづけて亡くなられたなんて
本当にご立派な最期だったんですね。
今日テレビで、親の終活の事についてやっていました。
自分を含め、身内の死についてはあまり考えたくないけれど
でも後に残される人の事を思うと、目をそらしてはいられませんね。
うちも先だってエンディングノートを買いました。
自分が動けなくなる前に、きちんと向き合おうと思います。
Commented by きっしぃ at 2016-07-27 21:14 x
哀しいお別れが有ったのですね
心からご冥福をお祈りします

いつかは自分も旅立ちの日が来ます
せっかちな私は娘たちに、あれこれ託しています
大切なブログの最期の〆までお願いしています
Commented at 2016-07-27 21:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by エグランティーヌ at 2016-07-28 08:48 x
次々と親せきが亡くなると、考えてしまうでしょうね。
何時か別れの日は来るって判ってはいましたが、
最近は、もうすぐかなぁって実際に感じるようになってきました。
母のことは、もっと真剣に看ていかなければ・・・・
そして自分だって、身辺整理、少しづつやらなければ、です。
伯父様、奥さまの施設入居を済ませてから入院され、立派でしたね。
Commented at 2016-07-28 09:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aoi at 2016-07-28 14:11 x
こんにちは
お父様の法要と伯父さまの葬儀と大変でしたね。
終活を終えて旅立たれ立派ですね ご冥福をお祈り申し上げます。
私の年齢になると 伯父と言える人はもう誰もおらずで、伯母達だけはみな元気で暮らしています。
若い頃は何も考えてはいなかった私達夫婦も 親戚はみな北海道 大阪は息子夫婦だけってこともあり どちらかが亡くなっても家族だけの簡単な葬儀でなどと話しはしているんですけどね。
Commented by あさがお at 2016-07-28 19:04 x
北海道は 今からがアジサイの季節なんですね。
日本は狭いようで 案外広いわ。
終活 大事なことですね。
私も 考えなくてはいけない歳になりました。
hazukiさんのお身内のように しっかりとしていればいいけれど
何も考えていない私は これからしっかり考えます。
とても参考になるお話を ありがとうございました。
Commented by sakuraちゃん at 2016-07-29 08:03 x
身近な人が逝ってしまうと言うのは
本当に悲しいものです。
でも、いつかは自分もと思っていても
考えたくないものです。
最近は私もそろそろと思い、エンディングノートを
戴いてきました。仕方のないことですね。
しっかりと書けるかしら?と心配です。

おじさんは立派な方ですね。ちゃんとすべての事を
決めてから逝ってしまわれるなんて。
おじさんの奥さんも愛されていたんでしょうね。
とっても素敵なご夫婦です。
Commented by hazuki72336 at 2016-07-29 10:10
chisatoさんへ

更新する時間も無くて。。。
訃報は突然に! ですものね ( ;∀;)
ご心配をおかけいたしました
私の父が亡くなったとき、この二人のおじがいろいろと
助けてくれましたので多分そのときの事が切欠で
「終活」をしたのだと思います
後に残された家族のことを考えると、大切な事
なんだなと今回はつくづく思いました
Commented by hazuki72336 at 2016-07-29 10:17
haruさんへ

叔父のことは、母から連絡を受けていましたので
電話が鳴るたびにドキドキしていました。。。
私の父が亡くなって時に力になってくれた二人のおじです
そのことを機に考えていたのだと思います

最近、テレビでは「終活」を取り上げている番組が
多くなりましたよね
伯父が言っていました「早い・遅い」そして順番は無いと
本当にそうだと思います
主人と一緒にエンディングノートを書くのも
いいかなぁ~と。。。本当に動けるうちにですね!
Commented by hazuki72336 at 2016-07-29 10:23
きっしいさんへ

2度あることは3度といいますが
続くものですね。。。
いつかは。。。母も自分もと思うのですが
順番は無いですよね

そうでしたね! 「ブログ」もありますね
教えて頂ただいて良かったです 
Commented by hazuki72336 at 2016-07-29 10:29
鍵コメさんへ

私も父が亡くなったときが大変でした
主人も私も、30代前半。。。すべてが初めての事ばかりで
この亡くなった二人のおじに助けられました
こればかりは、経験しないとわからないですものね

「終活」親のことでは無く、遠い日のことでも無く
自分も考えておかなければならないことだと思いました
Commented by hazuki72336 at 2016-07-29 10:37
エグランティーヌさんへ

これからは、親戚が亡くなることがおおくなりますね
母も高齢ですが、おじもおばもそうなんですよね。。。
母は、一人で暮らしてはいますが
「明日 目が明けば良しと思うようにしてるの」そう言います
なんか。。。胸がキュンとなります
いつかは別れが来ますものね。。。

私の父の時、大変な苦労がありましたので
二人のおじは考えていたようです
何事も早すぎることは無いと言うことですよね
本来ならば、二人で入る施設だったはず。。。
一人残して旅立つ伯父は、どんな思いだったかなと思いますが
それでも残された伯母は幸せな方ですよね
母を連れて、出来るだけ伯母の施設を訪ねてあげたいです
Commented by hazuki72336 at 2016-07-29 10:43
鍵コメさんへ

ご心配をおかけいたしましたね
こればかりは、突然ですものね。。。
母だけでは無く、おじもおばも高齢ですから
仕方が無いとはいえ、寂しいものです

私も、母とは喧嘩もしますし憎たらしいと思うことも。。。
都合の悪いことには耳が遠くて聞こえ無いようなふりして
まぁ~喧嘩できるうちがいいかなぁ~と思っています
それでも母には長生きして欲しいと思いますよね
お互いに頑張りましょう!
Commented by hazuki72336 at 2016-07-29 10:57
aoiさんへ

父の27回忌の前に、伯父が亡くなるとは
思ってもいませんでしたのでショックでした
母からは聞いてはいたのですが、それでも元気にしていまたし
余命のことは信じられないでいました

本当に若い頃には、考えてもいませんでしたよね
母も家族葬を希望していて、私たちも同じく話しています
娘たちには大変な思いをかけたくないですしね
Commented by hazuki72336 at 2016-07-29 11:04
あさがおさんへ

やっとご近所さんの紫陽花が咲き始めました
雨が続いていますが、雨に紫陽花は似合いますね
母のところは、まだなんですよ

私の父の死を切っ掛けに、おじたちは考えたのだと思います
主人も私も、30代前半でしたから何も分からずで。。。
この二人のおじがいろいろと面倒をみてくれました
何事も経験したからこそ分かることなんですよね

今回は、母の思いがよくわかりました
私もエンディングノートを主人と少しずつ書き始めても
いいかなと思って帰ってきましたね
Commented by hazuki72336 at 2016-07-29 11:09
sakuraちゃんへ

年々、親戚の訃報が多くなってきました
母も高齢となりましたが、おじもおばもそうなんですよね
同い年のいとこが昨年旅立ってしまったのは、本当に
ショックでした。。。
順番は無いものなんだなと、つくづく思いましたね

私の父の死を切っ掛けに、大変だったことを考えると
おじたちも後に残された家族が困らないようにと
すべてを終わられせて逝きました
残されたおばたちは、寂しいことだと思いますが
母を連れて出来るだけ行ってあげようと思っています
親が生きている内の親孝行ですよね
by hazuki72336 | 2016-07-27 14:02 | 日記 | Comments(18)

穏やかな日々の中で趣味を楽しんでいます


by hazuki72336